妊娠線の歴史

妊娠線は女性の妊娠の歴史とともにあります。
妊娠線とも肉割れともいわれる状態ですが、病名からいうと、皮膚伸展線条です。
妊娠線は海外でストレッチマークと呼ばれています。
妊娠線と呼ばれるようになったのはいつからなのか定かではありませんが、妊娠が原因できる傷なので、古くから女性はこの亀裂に悩んできました。

おなかが多くなる4ヵ月くらいから7ヶ月くらいにできることが多く、皮下組織や真皮が脂肪細胞の増加によって引っ張られることでできる弾性線維という部分の亀裂です。
皮下組織や真皮は表皮の様に柔軟性がない組織なので、亀裂が生じ傷となって残ります。
初期段階、出来はじめは赤紫となり非常に目立ちます。
だんだんと赤い色が消えていきますが、白く傷が残るので、女性によってはひどく気にされる方もいるでしょう。

妊娠線の歴史の中でも、この亀裂を治癒できたという記録は残っておらず、医療技術が進歩した現代においても治療法はありません。
治療法はありませんが、マッサージを行ったり、改善が見込めるクリームを塗る、さらに最近はレーザーによる治療もおこなわれるようになっています。
完全な治癒は望めませんが、かなり薄くなると人気があります。

治らないということではなく、少しでも改善するという気持ちを持って、妊娠線に関わっていきましょう。
当サイトでは出産後女性の大きな悩みとなる妊娠線のメカニズムを理解し、改善につなげていこうと考えるサイトです。
妊娠線に悩む女性のお力になれたら幸いです。



▽特別推薦サイト
妊娠線や成長期の際に起こる肉割れの治療を行っているクリニックのサイトです ... 肉割れ